西尾 大樹 
1978年東京都生まれ。
2003年から現在までパリ在住。
  93年頃より筆を握る。
 いろいろな画材の中から油絵の具を手にしたのは作品が完成した後、長い月日を経ても、まるで今描かれたような鮮明な生きた色が保たれる事にあるが、何より油絵具が空気中の酸素を取り込みながらゆっくりと画面に定着して様がどことなく[人生を重ねていくこと]のように感じた為でもある。
 まだインターネットが盛んでなかった頃は図書館や古書店で技法書などを読み漁った。直接絵の手ほどき、と言うか絵に向き合う姿勢に対してを初めて感銘受けたのは当時、自宅からほど近い練馬区貫井にあった『みさわ画材』の店主で傍ら絵画教室も営んでいた今は亡き小山 政夫氏。
 みさわ画材に足を運びだした16歳の頃、自身からすれば小山氏は祖父とも呼べる年齢であったが、絵画に対する心構えをはじめ、多くの哲学的なことを語ってくれた小山氏からは多大な影響を受けていて今に至っても心の師である。
 2003年5月、25歳の時に自分自身の絵、そして色とはなにかを求め、僅かな自身の小銭をかき集め単身渡仏し現在もパリに暮らしながら絵を描く。
Nishio Daïki 
est né le 10 avril 1978 à Tokyo. 
Il commence à peindre en 1993.
De 1994 à 2001, il participe à de nombreuses expositions collectives au Japon.
Il vit en France depuis 2003, où, très influencé par les peintres impressionnistes, il développe un style qui lui est propre...

シェア Partager